アナタに届け。 私の、ココロのウタ。
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
13:16:29
気にしてないなんて涼しく言って 本当はとっても気になる癖に
惑わされない心算でも 実はとっても惑わされてる

勘違いされる位 冷めた態度で 君に接してしまうけど
本音がたまにしか出て来てくれない 不器用なだけなんだ
どうしてそんなに素直に言えよう 私の心の内なんて
そんなの言ったらつまらないだろう? 意地悪したくなるんだ

掴める程君の気持ちは 私は実は知ってるんだよ
心地の良い事を言われても 嬉しいなんて言ってあげない

心配される位 冷たい態度で 君に接してしまうけど
本音を出すのが難しいんだよ 恥ずかしいだけなんだ
どうしてそんなに素直に言えよう 私の心の内なんて
それを言えだなんて強引じゃないか 攻められ慣れてないんだ

だってそうだろう 私って 常に気を張ってるから
崩してしまうと 戻れない気がして
私の我が儘さ 守りたいからさ
冷たい態度で ごめんね いつも ごめんね
甘い態度は たまにとるから

どうしてそんなに素直に言えよう 私の心の内なんて
そんなの言ったらつまらないだろう? 意地悪したくなるんだ
どうしてそんなに素直に言えよう 私の心の内なんて
言おうとしたけど やっぱり止めた 心の準備ができたら言うね
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
2012
09/23
13:05:43
モノクロな世界の中に ずっと閉じ込められていて
彩り溢れた花なんて 忘れてしまったよ
それでもカラフルなリアル 別に色を知らなくったって
勝手に心を吸い上げる 咲こうとするんだよ

あんなに暗くて狭い部屋に 閉じ込めたのはお前らだろう?
それでも綺麗に咲けだなんて どれだけお前は身勝手なんだ
汚い花だと笑うんだろう? それなら私は咲きたくないよ
それなら私は蕾でいいよ

カラフルな世界の中で それでも私は生き残りたいから
強さを演じてみたけれど 誤魔化せはしないんだ
強がり歩いてみたって 弱くなくなったんじゃないよ
強さと弱さに引き裂かれ 形が分からない

私も昔は綺麗だったよ どうしてこんなに歪んだんだよ
あんなに咲くのに憧れてたのに 今ではただただ怖いんだよ
歪んだ花だと咲けないんだろう? それなら私を枯れさせてよ
それなら私を見つめないでよ どうして私を見つめるんだよ

汚れを見たくないから 私が汚れればいいの
苦しくないなんて 実は嘘だったけど
生きる為には 歪むしかなかったんだ
それでも私は咲いてもいいの? 歪んだ花でも咲いてもいいの?
綺麗なあなたに不釣合いでも あなたの隣で咲いてもいいの?

歪んだ心を表すように 花弁は全然素直じゃないけど
それでも私は綺麗に咲くよ 吸い上げた汚れに負けないように
歪んだ花でも咲いてもいいよ あなたはこんなにも素敵なんだから
モノクロ汚れたこんな世界を 吸い上げあなたは綺麗に咲いた
kirakira
kirakira
2012
09/23
12:54:51
何かしらの枠に入れられ 見られるのが大嫌いでした
何にも識らない癖に 理解した心算にならないで
世間が作り出した常識を 覚えただけで満足なんでしょう?
そんな知識に取り込もうだなんて あなたは目障りです

自分が如何に賢いかを 自慢じたいが為に
私を利用しようだなんて 御生憎様
私はあなたが用意した 狭い区分なんかに
収まるほど お粗末じゃないの

正しく見られる為に 常識など棄て去りました
奇異で奇妙な奴だと 見られたって構わない
世間が作り出した常識に 収まらないから怖いんでしょう?
そんな眼鏡でしか見られない あなたが惨めです

自分が識らない私を 排除したいが為に
私を嘲笑おうだなんて 御気の毒様
私は抑あなたなんて 既に眼中に無いの
然様なら もう詮索しないで

生け贄の羊に選ばれて 指差され嘲われるのが怖くて
群れに隠れて怯えていたけど 誰も私を見ていない
でも 他人と全く一緒だなんて 何てつまらない人生でしょう
私は私 代わりは居ない 粋狂な私の出来上がり

そして私は道を逸れて 独自に歩き出した
私が可哀相だと言うの? 御生憎様
誰かが作り出した狭い檻を 抜け出して羽を伸ばしているよ
世間なんかに 囚われはしない
kirakira
kirakira
2012
09/23
12:45:26
ふとある日思ったんだ 僕はここに居ないんじゃないかな
遠い昔にはぐれた 僕はどこに行ったの?

まどろみの海から 意識の水底へ
どこまでも続く道に 小さな足跡
辿る度に生まれる 綺麗なシャボン玉
すぐにでも飛び込みたい 幸せな日々も
目を覆いたくなるような いらない過去も
映し出しては消えて行く どこかに隠すように

ねぇ 自分の名前を見て 違和感を覚えるのは何故?
こんなのはただの 入れ物の名前じゃないか

歩んだら歩んだだけ 捨ててきた思い出を
いらないと思ったのに 大事に集めて残していたんだね
忘れたと思っていたのは 僕が隠したからなんだ
脇目もふらずに どんどん進んでしまう僕に
すがるように掴まる幼い腕を 振り払ってしまっていた

はぐれてしまったと 思い込んでいたよ
僕を迷子にさせてしまったのは 僕だったんだ

いつの日か切り捨てて さ迷い歩いて籠もった部屋で
何を思って ずっと僕を見ていたの?
名前も忘れた僕は 子供のまんまで
真っ暗な部屋の中で 寝息を立てる
優しく見守るのは 僕の片割れ 皆集まったんだね
迷子の僕と 僕たちが揃った
目覚めない僕を 守るように

そして 溢れんばかりの感情が 僕になったんだ
kirakira
kirakira
2012
09/23
11:56:12
君は僕を 知ってるかい? 君は私を 知ってるかい?
話さないと 分からないね 教えないと 分からないから
でもね僕は 誤魔化すんだ だって私が 嘯くから
本当の事 言ってるのに 私の声は 嘘になった
隠してたら 嘘になるの? 守る事は 騙す事になるの?
信じてよ 嘘じゃないよ でも君は私を 嘘吐きと言った

平気だと 私は言うの そんな事あったっけって 私は嘯くの
そんな顔で 笑わないでよ 大丈夫だって 嘯かないでよ
知ってるよ僕は 私が嘯く裏で 泣いていた事

私が一人で泣かないように 少しだって安心するように
潰れてしまう程 体を抱き締めるよ 実体が無くったって
こんなに器は小さいのに どうして届かないんだよ
僕にはこんなにはっきり分かるのに 皆は私が見えないんだ

僕らずっと共に歩んで来たのに
ずるいじゃないか 私はずっと 外に出られない なんて
僕は 私を 連れ出すんだ

ねぇ 君に話したい事があるんだ 本当の僕を 知って欲しいから
私が 二度と嘯かないように 僕が私を 守り続けるよ
私は 僕を 嘯いていると 少し呆れて笑った
それでも 私は 嬉しそうだった 昔と少し 違う笑顔だった

それから僕は 私と 君に話したよ
嘘のような 本当の話
君が私を 知ってくれたから
君の中の 嘘が砕けた予感
私の嘯きが 嘘になった予感
kirakira
kirakira
11:50:15
お久しぶりです。
皆様、お変わりはないでしょうか?
私は浮き沈みがありながらも、どちらかと言えば
楽しい日々の方が多く送れています。
嬉しい限りです。

さて、休止をしておりますこのブログですが、
今回訳あって更新できる環境にいますので、
久々に書き留めていた何篇かを更新させて頂きたいと思います。
今回のみでまた暫く休止に入ったままですが、
気長に待って頂けたら幸いです。

最後になりましたが、皆様がこれからも健康で幸せが多い生活を
送れる事を願っています。
kirakira
kirakira
プロフィール

紫音

Author:紫音
7月3日生まれ 
静岡県出身

主に詩を掲載しているブログです。

ヨロコビも
カナシミも
フクザツも
飾らずにウタにしてお届けします。

明るいばかりじゃないけれど、
それでも誰かの笑顔に繋がるなら、
私は幸せです。

リンク・ブロとも募集中です。
申請の際は一言おかけになって
下さるようお願い申し上げます。

*無断転載は禁止です
 著作権は放棄していません*

2013/7/14
改名しました
『畑野 雀』改め『紫音』です。
これからも宜しくお願い致します。。。

kirakira
kirakira
FC2カウンター
来てくれて、ありがとう。。。
kirakira
kirakira
FC2ブログランキング
支援して下さると励みになります♪

FC2Blog Ranking

kirakira
kirakira
日本ブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。