アナタに届け。 私の、ココロのウタ。
kirakira
--:--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Category:スポンサー広告│ コメント:--│ トラックバック :--
kirakira
kirakira
2010
07/30
14:12:32
あなたを想ったら 自然と涙が零れました
やっぱり こんなにも こんなにも 大切なんだって
涙が教えてくれました

約束 果たせるか不安だったけど
良かった また絆はちゃんと結べました

何が罪ですか?
何が罰ですか?
僕が裁くのだとしたら 僕は何も裁きません

今がこんなにも 幸せで嬉しいから
さぁ 行こう 手を取るよ

嫌な事に沈んだのなら
じゃあ次は 浮かぶしか無いよね
良い事がある筈だよ
きっかけを作れたら嬉しいな

無意識の中の意識が表に出た時に 一人で泣かないように
僕はここに居るから
弱くっても良いんだからね
スポンサーサイト
kirakira
kirakira
2010
07/30
00:58:01
胸が苦しくて
私の口からは ごめんなさい 謝罪の言葉ばかり
君に笑っていて欲しいだけなのに
優しさが痛くて また謝罪の言葉
君の笑顔も歪んでる

困り顔の君 それならと
私の罪を許さない 許さないから
責任を取って 幸せにして欲しい
そう言ってくれた

ただの優しさじゃなくて 私に合った優しさをくれた
本当に 私を想ってくれてるんだ
思わず落涙
零れたのは ありがとう 感謝の言葉

そうだよ 欲しかったのはその言葉
君は ようやく笑ってくれた
君の体温を感じながら 私は子供のように泣いたの

私は罪を背負いながら 一生君に愛を捧げると誓う
愛を込めて ありがとう あと何回言うのだろう?

ずっと 許さないでいてね
ずっと 償い続けるから
kirakira
kirakira
2010
07/30
00:57:28
テストが多くて埋もれている雀です。
それでも、ようやくあと一週間でテストも終了。
レポートも一番キツイのが終わったので、そろそろこちらにも顔出しできるかな・・・
色んな方々の詩を読んで、元気をもらいに行きます!
kirakira
kirakira
2010
07/24
15:48:47
ひとつの星と共に ひとりの男とひとりの女は 恋に落ちました

数多の星々と 数多の惹かれ合う男女は 恋に落ちました

誰が恋に落ちたんだろう?
流れ星を見る度に こうして幸せを願って

そして 僕らが見上げる夜空 流れる星がひとつ

きっとあの星は あなたと僕が恋に落ちたから 流れたんだね

こんなにも綺麗に大きく輝いて 僕らを祝福しているみたいだ

なんてね
kirakira
kirakira
15:43:57
久々にブログをいじりました。
コメント下さっていた方々お返事できないでいてすいませんでした。。。

ここ数日は友人と宿題をする日々が続いていまして、
早朝4時寝・朝8時起きが当たり前な日々を送っていました。
それでも終わらない課題やレポートの山々・・・

現実逃避したいです(^_^;)

またちょくちょく出たり消えたりするので、
どうか温かく見守ってやって下さいm(__)m
kirakira
kirakira
20:30:54
そうだね
始まりはいつもこんなにも突然で
気付いた時には 驚く程意識しているんだ

誰かが代わりに 僕の気持ちを届けてくれないかな?
そんな奇跡を願ってみたり
それでもまだまだ
僕の気持ちは箱の中に閉じ込めて
焦らして煽ってみたり

終わってしまえば別にどうって事無いのにさ
始まりは予告されないで急に僕に襲いかかって
眠ってたものを再起動する

そんなの意地悪だ

思ってみれば 終わらなければ始まらないよね
あの時は気付かないけど
終わっても 全てが終わった訳じゃなくて
同時に始まった訳で

今になれば 終わった事も終わって
だから 始まりの始まりに居て

あれが不幸 これが不幸
不幸探しが少しずつ終わって
あれも幸せ これも幸せ
幸せ探しが少しずつ始まって

この突然の始まりも 実は必然であるのかも
少なくとも 明日が待ち遠しいから
今は自然と楽しんでいるよね
この意地悪な始まりを
kirakira
kirakira
2010
07/20
20:27:54
伝わらないと感じたならば 伝えなくていいんじゃない?
知ってもらえると思うから 余計に苦しいんじゃない?
人当たりの好い人を演じれば 上手に世間は渡れるんじゃない?

カタカタ カタカタ
動く口 動く人形

他人に迷惑かけたくないから秘密にしていたら
優しい人ねと他人は言う
少しずつ信頼しようと胸の内を明かしたら
ワガママな人だと他人は言う
どうしたら良いか分からなくて右往左往していたら
分からない人だと他人は言う

ギシギシ ギシギシ
動く体 動く人形

ほら
やっぱりヒトって分からない
みんなみんな違うから分からない
自分もヒトだから分からない
自分も嫌なヒトになってるって分からない

ボソボソ ボソボソ
喋る口 動く人形

本心かって?
さぁ 知らないよ
喋ってるのは 人形だからね

嗚呼……

ボクッテワルイコダヨネ

ケラケラ ケラケラ
揺れる体 笑う人形
kirakira
kirakira
20:26:28
今日はずっとパソコンとにらめっこしています。
統計なんて嫌いです。。。
今は現実逃避みたいに今ブログの日記つついています。
宿題やらなきゃ~いけないのになぁ~・・・
とりあえず、詩を載せたら宿題に戻ります。
kirakira
kirakira
2010
07/19
16:10:32
わたし地味な球根
土に植わって 芽吹きの時を待ってるの
いつの日か いつの日か
あの青いお空に向かって 伸びてくの
それまでは じっと我慢するの
暗くて冷たい 土の中でも
いつか飛び出す あの日を待って

ゆっくりゆっくり 芽吹いた緑
土の茶色を切り裂いて
空の青を目指して 上へ上へ伸びた

そして咲いた綺麗な花は 目にも鮮やかな赤色で
誇らしげに揺れている
どうかなわたし 輝いてる?
ここに居て 輝いてる?

いつか笑えるように 咲き誇れるように
球根は今日も 土に眠る
kirakira
kirakira
16:10:00
傷付く事は無駄じゃないよ
残る傷もあるけれど 傷が治れば 失敗から得る気付きをもらえるから
僕に付いた傷は優しさに変えて みんなにあげる
傷付くのは僕で十分だもの
癒えた喜びをみんなに 傷付かない為の注意も みんなにあげる
笑顔を見られたら また僕の傷は癒える筈だから

みんなに付いた傷を 無理に見せてなんて言わないよ
苦しかったら見せて 一緒に痛いって泣くから
少しでも傷が癒えるように 僕も治療に協力するから
あなたが僕を癒してくれたみたいに 僕も癒してあげたいの 大切な人だから
一人で傷に震えるのをさせないよ
傷を乗り越えるのを そっと支えるよ

傷付いた分優しくなれるよ 傷を優しさでくるめるよ
今はあなたの優しさに くるまれてるから
きっともっと優しい気持ちで
あなたも僕も 癒せる筈さ
kirakira
kirakira
2010
07/19
16:02:34
さらさら落ちる 砂時計
流れる時は 止められない
虚しく僕が呟いた
流れが止まった 砂時計
あなたは時計を ひっくり返す
儚く終わるものだけど
やり直せるなら やり直そう
そう言い一緒に見つめた 砂時計
再び砂は流れ出す

同じ事の繰り返し
一見そう見えるけど 実はたくさん変わってる
例えば今では僕が居て あなたがいるから 違うでしょう?

静かに流れて 止まらない
時を刻んだ 砂時計
所詮は輪廻の 一部分
それとも次は 新たな道を進んでる?
考えてみよう
あなたと僕と二人一緒に 砂時計をひっくり返して
kirakira
kirakira
16:01:37
昨日した日焼けが非常にやっかいで、動く度に痛みます。
一生懸命冷やしてはいるのですが、はてさていつになれば治る事やら・・・
現在体育座りで体勢キープ!
字が書きにくいですし、パソコンも操作し辛いです・・・
恐らく夜までこんなんでしょうね~
日焼け止め、しっかり塗るんだった。。。
kirakira
kirakira
2010
07/18
17:52:34
昼の図書館 居る人わずか
本を数冊 片手に持って
窓際日差しが サンサン注ぐ
いつもの席に 腰を下ろして

深い沈黙 囁く空調
気まぐれに響く ページをめくる紙の音
それも途切れ途切れ
ついには無くなり 代わりに響く 規則的な息の音

暖かな部屋 本の臭い
眠気を誘う お昼過ぎ
時計の針は 駆け足になり
気付けば既に 日暮れ前

ああ 帰らなきゃ
本を数冊片手に持って 結局読まずに元に戻す
次はきちんと 続きを読もう
あくびをしながら 背伸びもついでに 目尻に涙
次回もきっと ここでお昼寝
kirakira
kirakira
2010
07/18
17:47:53
愛が足りない 愛が欲しい
唐突な衝動に駆られ 踊る 踊る マリオネット
満たされない 満たされたい
求めて 求めて

色んな人にすがるも 愛されなかったマリオネット
結局掌の上で 踊らされていただけ
壊れた 壊れた マリオネット
孤独に震えながら 涙も出ない
満たされない心 ますます冷えて

それでも 愛されたい
狂ったように踊り続ける マリオネット
愛に弄ばれ 愛に踊らされる

壊れたマリオネットを 満たす愛はどこ?
kirakira
kirakira
17:40:53
蝉の鳴き声 漣の音
眩い太陽 日焼けの痛さ
祭囃子に あの子の思い出
入道雲と 急な夕立
もうすっかり夏なんだね
これからもっと暑い季節になるんだね
今年はどんな思い出を残そうかな?
ねぇ どうしようかな?



私はうっかり日焼けしてしまって痛さと熱と戦っています(笑)
皆さんも、夏バテと日焼けにはご用心を。。。
kirakira
kirakira
2010
07/17
21:15:33
憂鬱な雨の日も 長靴履いて お気に入りの傘をさして 雨のお散歩
水溜まりだって 長靴だからへっちゃら 
水面に映る 自分にご挨拶

無邪気に笑う幼い子供
色とりどりの傘は 雨に咲く花のよう
くるくる回って 踊っている 雨を喜ぶように

河原に咲き乱れる紫陽花 
鮮やかな色は 雨に濡れて艶やかに
滴る水は 宝石のように

雨上がり 雲の隙間から 光が差し込む
大きな虹を 空にかけた

もうすぐ梅雨もあける 暑い夏がやってくる
その頃にはもう 紫陽花は見られない
次々と零れ落ちる滴 それを逃すまいと
梅雨の終わりを嘆くように 紫陽花は凛と咲き誇る
kirakira
kirakira
2010
07/17
21:11:40
今日はどんなメロディを奏でようか
時に 言葉よりも素直に心に響くこの音で何を奏でようか
そうだ あの歌を口笛で奏でよう
思い出のあの歌を 口笛で
今はもう
僕の口笛が好きだと言ってくれたあなたは 隣にはいないけど
僕は奏でるよ 僕も大好きな 口笛で

やがて僕を包むあの旋律
染み入るのは 言葉よりも素直なあの日の想いと あなたの笑顔
今この音はどう響くのかなあなたの心の中には……

明るい旋律に 悲しい歌をのせた 寂しい愛の歌
今は言葉も無く ただ 口笛が明るい旋律を奏でる
哀愁漂うその音に 悲しみを偲ばせながら……
kirakira
kirakira
2010
07/16
15:26:18
私がもしも透明だったら ずっと君の傍に居るのにな

君と一緒にお出掛けをして
君の喜びを共有して
君の悲しみも共有して
恋人ごっこ

こっそり手を繋いで
君の大きさを知って
君の腕の中で眠って
恋人ごっこ

でもね
どれだけ話しかけても 返事はくれないし
どれだけ呼び掛けても 反応をしてくれない

私からは見えていても 君からは見えていなくて
ズキリ 心が痛んだ

いつか 透明でなくなって 君の隣に立つんだ
ごっこ遊びはもうおしまい

君の中に私が映りますように

君色に染まった私
kirakira
kirakira
2010
07/16
15:25:26
居るようで 居ないようで 半分透けてしまった私
このまま薄くなって スッと消えてしまうのかな?

雨を浴びると 滴が体をなぞる
見渡せば 雫を湛える草木
私よりも よっぽど生き生きしてて
私はとっても中途半端
このまま 雨に溶けてしまいそうで

照り付ける太陽 街の雑踏
誰も私に気付かない
忙殺されるままに働いて 存在する意味を見出だしてる
でも それも見せかけ
みんな 半透明予備軍
気を抜いたら 蒸発(と)んでしまいそうで

私の色 どこに行ったの?
もう私は 消えるしかないの?
取り戻したいけど ここにはもう誰も居ない

色をください
私はもう
半分透けてしまった
kirakira
kirakira
2010
07/16
10:26:24
猫の子 子猫
髭をピンと張り 鋭い瞳で見つめる

ほらほら 俺様のお通りだ
自慢の爪でひっかかれたって知らないぞ
見逃して欲しけりゃ魚を置いてきな
言う事聞くなら可愛がってやるよ

ほらほら 俺様のお通りだ
俺様に逆らうなんて 良い度胸してんじゃないのさ
体の大きさで勝ってるからって 油断してんじゃない?
足に噛みついて 目にもの見せてやんだからな

足元で鳴く子猫 伸びきっていない爪を出し必死にネコパンチ
肉球の柔らかさが気持ち良い

足元で鳴く子猫 生え揃っていない牙を出し必死に噛みついた
温かい口の触感がくすぐったい

参った参ったと魚を与えると
子猫は奪ってむさぼった

それ見た事か
最初からそうしていれば良いんだよ
さすが俺様 我が道に敵は無し
kirakira
kirakira
2010
07/16
10:22:25
今日は忙しくなりそうなので、早めの更新。
今日は一日中講義で、よるには食事会がありますから。
食事会で、みんなと仲良くなれたらいいな~
kirakira
kirakira
23:20:17
めくるめく不思議な世界
私は主人公 あなたは友達で
共にシナリオに従い動く

無情なタイムリミット
世界はかき消され 私とあなたは離ればなれ
伸ばした手は 儚くも泡沫と消えた

夢の中では友達で 夢が醒めればお別れよ

私の記憶からあなたが消えて
あなたと会っても 分からなくなるのが悔しいから
まどろみの中で あなたの欠片をかき集める
欠片のひとつひとつにあなたの面影
それを繋いで あなたのもとへ会いに行くから
思い出すから
そこで待ってて

記憶と忘却の狭間で揺れ動き 私はあなたを忘れてしまった
曖昧な記憶に残されたのは 大切な人の確かな温もり
胸の中に刻まれた あなたが確かに居た証拠
次はもっと覚えていられるように
私はあなたの欠片をここに書き綴る

もう一度あなたと会えたなら もっと上手に表せますように
kirakira
kirakira
2010
07/15
23:18:20
君を護る為ならば 脚の一本などくれてやる
護り傷付き君の為
嗚呼……また今日も

血も涙も無く 人の皮を被った鬼と呼ばれても
それでも忘れない これは幸せの為なのだと

血に濡れ 闇に堕ち 笑みを忘れようとも
温もりはそこにあるのだ

何を失おうとも どう傷付こうとも もはや痛くも無い
そう作られたのだから

でも
時には仮面を外したい
私は女の子なのだから 女の子扱いして欲しい
涙だって流して 子供のように甘えて 愛でられたい

しかし それは赦されない 叶わない
仮面を顔に被せる

いつか君は気付くだろうか?
仮面に 私に
女の子として接してくれるのだろうか?
温もりは
涙は
求めてる
本当は
kirakira
kirakira
2010
07/15
23:16:48
全ての事象に理由が欲しいの?
行動にも
感情にも
性別にも
この涙にも

自分でも分からないのに
それは何故かと突き詰められて 逃げてるだけだと罵られる
本当に分からなくて
自分でも答えを探しているのに 分かってくれない
一番もどかしいのは私なのに 分かってくれない

涙が流せないのは 私が干渉しないから?
甘えられないのは 私がワガママだから?
気持ちが言えないのは 私が心を閉ざしているから?
友達が増えないのは 私が積極的じゃないから?
気持ちが治らないのは 私が努力していないから?

……何も知らないくせに

なんで?
どうして?
理由をつけて私を分解しようとしないで
よく分からない中途半端な答えでもいいじゃない
説明できなくても気持ちに溺れさせてよ

壊れて変わって狂った人と 私の事をそう呼ぶのに
普通の枠に入れようとして
私を知ったモノにしようとする

それならいっそ私は未知のモノでいいわ
kirakira
kirakira
23:16:17
いよいよ学期末になってきて、レポートやら大事なテストやらが目白押しです。
忙殺されてしまいそうな日々を送っていますが、そんな時の息抜きに詩でも書きたいな。

今週が連休だという事をすっかり忘れていました(笑)
月曜日に一人学校に行って、誰も居な~い!
ってなってたら涙目です。
kirakira
kirakira
2010
07/15
13:00:08
笑った顔しか見た事の無かった君は
人知れず泣いていた 声を殺して泣いていた

私の満たされない気持ちを
君の優しさに甘えて 押し付けてばかり

いつも元気だね
無神経だった私の言葉を 屈託の無い笑みで包んでくれた

こんなにも私が自分勝手で
何にも分かっていなくて 凄く惨めだ

本当ににあの人は いつも幸せで笑っているの?
違うよ
苦しさを我慢してみんなの為に笑ってるんだ
優しすぎるから

ごめんね
いつも傍に居たのに気付かなくて
本当は弱い君を強いと決め付けて
君の事を何にも考えていなかった

そうだよ
泣きたい時には泣けばいい
辛い時には弱音を吐けばいい
いつも笑ってなきゃいけないのは苦しすぎるよね
寂しい時には私を呼べばいい
今度は君の代わりに
私が笑顔屋さんになるから

強くて弱い君私が支えよう
強がりな弱さだけど
せめて
君が弱い時には私が強くなるからね
kirakira
kirakira
2010
07/14
23:54:27
いつもと変わらない日々
それは昨日も今日からも
ずっとずっとこれからも
例えそれが不幸な事であったって

異常な事
それが毎日続いたとしたら
それは日常となってしまうのか
異常な事
それしか知らないのだとしたら
それは日常となってしまうのか
日常な事
それが異常となってしまうのか

いつも見ていたレンズ
それはいつからか歪んでしまって
もう世界を正しく見られない

人は変化を嫌う事がある
それは例え異常な日常であっても

変わらない事が幸せ
そう唄うなら
異常しか知らない人は
何も知らない方が幸せなのですか?
kirakira
kirakira
23:45:32
明日はまた来るのでしょうか?
なんとなく過ごしていても 充実していたとしても
明日はまた来るのでしょうか?
もったいなく一日を消費していませんか?
今日一日は満足な一日でしたか?
少なくとも私は はっきりと肯定できません

明日が来ないと分かっていたら
今日を大切にするのでしょうか?
それなら一体いつになったら
明日が来ないと分かりますか?
分からないならそれでいいやと
今日も薄っぺらな一日
明日が来ないかも知れないのに

二十四の区切りの中の
どこで私は囚われるのでしょう?
その時には満足でしたと言えるのでしょうか?
今はとても言えそうにありません
もっともっと私に時間を下さい

明日が必ず来るとは私は信じません
明日が二度と来ないとも私は信じません
全ては運命のみ知る事
私はいつ囚われるのかと怯えています

でも
だからこそ
昨日を省みて
今日を唄い
明日を望むのです
kirakira
kirakira
2010
07/14
23:16:36
今日の夕方、夜道を自転車で走っていると、浴衣姿の女の子が嬉しそうに走って行きました。
女の子の来た先、そこには小さいながらもお祭りが催されていました。
華やかな出店、浴衣姿に嬉しそうな子供たちの笑顔。
もうすぐ夏が来るんだね。微笑ましく、女の子を見送りました。


昨日・今日とまた沢山の方々とリンクを貼らせていただきました。
『Sin』様、『Ravich+』様、『詩詩世』様、これからもよろしくお願いいたしますね♪
kirakira
kirakira
21:18:55
ヒマワリが太陽を追いかけるように
私たちも追いかけっこしようよ
夏になったら また あのヒマワリ畑で

背の高いヒマワリに埋もれて お互いを追いかけた
途中でどうしても見つからなくなって
泣き出した私を 君は優しく撫でてくれたね
今はヒマワリよりも大きくなって 君の姿がはっきり見えるよ

夏が来る度に 君はどんどん大きくなって
ヒマワリとの背比べにも 負けなくなっていった
いつからか 私が隠れて君が捜すかくれんぼに変わったね
見つけてもらえるように
わざとヒマワリを揺らしていたのを 君は知っていたかな?

夏が来る度に私が大きくなったのは 背と君への想いで
ヒマワリより大きくなった時には すっかり成長しきっていた

君とヒマワリが待つ夏
もうすぐやって来るんだ
梅雨の雨を吸ってどうか大きく育って欲しい
ヒマワリの花

ずっと追いかけてばかりだった追いかけっこ
今年こそは君を捕まえて
ずっと一緒に居ようね 君に伝えるんだ
私だけの太陽の君に
kirakira
kirakira
プロフィール

紫音

Author:紫音
7月3日生まれ 
静岡県出身

主に詩を掲載しているブログです。

ヨロコビも
カナシミも
フクザツも
飾らずにウタにしてお届けします。

明るいばかりじゃないけれど、
それでも誰かの笑顔に繋がるなら、
私は幸せです。

リンク・ブロとも募集中です。
申請の際は一言おかけになって
下さるようお願い申し上げます。

*無断転載は禁止です
 著作権は放棄していません*

2013/7/14
改名しました
『畑野 雀』改め『紫音』です。
これからも宜しくお願い致します。。。

kirakira
kirakira
FC2カウンター
来てくれて、ありがとう。。。
kirakira
kirakira
FC2ブログランキング
支援して下さると励みになります♪

FC2Blog Ranking

kirakira
kirakira
日本ブログ村
にほんブログ村 ポエムブログ 自作詩・ポエムへ
にほんブログ村
kirakira
kirakira
検索フォーム
kirakira
kirakira
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

kirakira
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。